校長挨拶

 


校 長  中 野 隆 幸 


 本校は、福島県を代表する山の一つであり、高村光太郎の詩に詠まれた山としても名高い安達太良山の麓、二本松市に位置します。1923年(大正12年)福島県立安達中学校として現在地に創立され、今年創立96年目を迎えました。卒業生の数は30,608名となります。

 現在、生徒数は528名(男子231名、女子297名)で、生徒達は先輩から受け継いでいる「まゆみの精神」をモットーに勉学や部活動に励んでおります。

 平成30年度の卒業生183名の進路については、大学進学者75名(国公立大学11名〔福島大学、群馬県立女子大学〕、私立大学64名)、短期大学26名、各種専門学校63名(看護医療系23名、その他40名)、就職19名(公務員2名、民間企業17名)という現状でした。

 平成30年度の部活動においては、カヌー部と剣道部が全国高等学校総合体育大会に出場し、卓球部と女子ソフトテニス部が東北大会出場を果たしました。女子ソフトテニス部は東北高等学校インドアソフトテニス大会出場も果たしました。

 また、本校は平成24年12月に福島県で第1号となるユネスコスクールに認証され、ユネスコ、文部科学省が進めるESD(持続可能な開発のための教育)を柱に、持続可能な社会の創造を目指して、復興教育、国際理解教育などに継続的に取り組んでおります。その結果、平成25年12月には、全国約650(現在は約1000校)のユネスコスクールの中から、グランプリとなるESD大賞を受賞、平成27年10月には第3回宮城教育大学・東北ユネスコスクール実践大賞を受賞することができました。 
 このように、様々な活動において生徒たちは一生懸命取り組んでおります。今後とも本校は、創立百周年へ向け、「まゆみの精神」を継承しながら、文武両道の実践、ESDの充実・発展に取り組んで参りますので、関係各位の皆様には引き続きご支援をよろしくお願い申し上げます。
平成31年4月
学校評価アンケート
学校運営
平成28年度自己評価実践報告書
平成28年度評価書