校長挨拶

           <地域に貢献できる人材育成を目指して> 

校 長  伊藤 勝宏 


 安達高校は、二本松市を中核とする安達地区の中心校として、地域から支えられ、今年で創立99年目を迎えました。教育目標に掲げられている「まゆみの精神」には、先達から受け継がれた思いとともに、豊かな人間性を有する健康な人材に、生徒が成長してほしいという願いが込められています。本校は、生徒一人ひとりの自己実現を図るために、日々教育活動に取り組んでいる学校です。
 具体的には、生徒の力や可能性を引き出すことを重視して、キャリア指導推進校としての役割を積極的に果たして参ります。特に、多様な進路希望に対応した個に応じた指導を丁寧に行いながら、進路目標の実現をサポートいたします。また、県内の高校では唯一のユネスコスクールとして、国際理解教育やSDGsの指針に基づく探究活動による学習を通して、持続可能な社会はもとより、地域を大切にする心や未来を創造する力を育んで参ります。
 本校は、来年度に創立100周年を迎えます。生徒、保護者の皆様とともに、「地域から信頼され、地域に必要とされる学校」になれるよう、教職員一丸となって努力して参ります。ご理解、ご支援のほどお願い申し上げます。

学校評価アンケート
学校運営
令和2年度 自己評価実践報告書